TOP > COMPANY > 企業理念


COMPANY

企業理念

Born in Japan

私たちアリミノはかつて“髪には国籍がある。日本人のアリミノヘア化粧品。”
と提唱したことがあります。
当時、日本のヘア美容界は一般的に海外志向が顕著でした。そんな時代にアリミノは日本そのものに目を向け、それを自らのアイデンティティとしたのです。

あれから20余年あらゆる領域でグローバル化、ボーダレス化が進行し、金髪の日本人さえ登場するに至りました。このような環境の変化の中で、私たちは日本生まれということにずっとこだわりつづ けています。それは単に日本人の髪の質にあったものとか、肌の色を考えてというようなことではなく、日本人が育んできた、資質、感性を発揮して、製品づくりや技術の開発に役立てていこうということです。

いまグローバリゼーションの時代を迎えて、私たちアリミノが何を目指すべきなのか、何を自らのアイデンティティとするのか、そのよりどころとして私たちは日本という環境により一層深い思いをこめていきたいと思っています。

ARIMINO

アリミノのロゴタイプをよくご覧になってください。ARIMINOという英文字の下に2本の平行線が入っていることにお気づきになると思います。この2本の線は私たちが仕事を進めていくうえで、大切な基準にしているものです。簡単にいえば一本目の線は発信者としての線です。もう一本の線は受 信者としての線。この二つの線、視点が常にパラレルに緊張感を保っていることが、現代の目まぐるしく変転する環境の中で進むべき方向を見定め、生き抜いていく条件となります。

アリミノが日本で一番最初にコールドパーマをつくったり、ムースのヘアケア製品を発明したり、ヘアカラー時代を到来させたり、時代を大きく変える製品を市場に提供できたのも、私たちアリミノが高い技術力を持っていたからというだけでなく、それぞれの時代が発信していた欲求にいち早く耳を傾けていたからです。

コミュニケーションラインともいうべきこの2本の線を大切にする心はこれからもアリミノの変わら ない姿勢として持ち続けていきます。


Page Top