TOP > PROJECT > POWER:1 第13回ネクストデザイナーズ・カップ 2016


PROJECT

POWER:1 第13回ネクストデザイナーズ・カップ 2016

持てる技術と感性を結集して、ビューティをトータルな視点から創り上げるコンテストは「学生部門」「U25部門」同時開催。競い合う中で実力を磨いていける機会です。

第12回ネクストデザイナーズ・カップ2015より

コンテスト(カットを含むトータルビューティコンテスト)概要

「学生部門」テーマ SOCIALIZED(ソーシャライズド)
ソーシャルメディアの発達により、一人ひとりが手軽に情報を創り、発信する時代になりました。全世界で発信される自由な発想や情報を集め、独自の解釈を加え再編集したのが今回のコレクションです。インスパイアされたのは60年代のファッション、90年代のロックミュージック、近年発表されたハイブランドのコレクション、最旬のモデルなど。「ソーシャライズド」を自分なりに解釈しモデルの個性を引き立てヘア、メイクアップ、コスチュームでトータルビューティを表現してください。
「U25部門」テーマ Mix up(ミックス・アップ)
ミックス・アップとはよく混ぜ合わせるという意味。いまのファッション・カルチャー・ミュージック・ビューティにあなたの感性を加えて、新たなビューティアイコンをトータルで表現してください。

コンテスト(カットを含むトータルビューティコンテスト)規定

  1. 実モデルを使うこと
  2. ウェットにて、ノーブロックスタート
  3. 全体2センチ以上カットすること(監査により当日カットの量が少ない、また事前にセニングを入れベースカットをしすぎている場合は大きな減点の対象とします)
  4. ヘアカラー、パーマ事前施術可能です。
  5. メイクアップ、衣装は自由。競技前にスタンバイしておくこと
  6. 仕上げ:
    「学生部門」…スタイリング剤アリミノ「ピース」シリーズに限定(一人3種類まで)
    「U25 部門」…スタイリング剤アリミノ製品に限定(一人3種類まで)
    ブローブラシ、ロールブラシ、アイロン使用可能※電源は一人1個
持参用具 各自必要なカット用具一式、ハンドドライヤー
禁止事項 エクステンション、髪飾り、ピン、ホットカーラーの使用不可
競技時間 50分(カットから仕上げまで)
審査ポイント 「ファッショナビリティ(ファッション性)」
「クリエイティビティ(デザイン性)」
「テクニック(技術性)」
「オーバーオールインディビジュアル(総合的表現力)」
※監査員による監査項目も審査に反映し最終決定いたします。
※モデルのウォーキング及びポージングの技術は審査の対象となりません。

☆その他詳細は別途ご案内いたします。

TONI&GUYTONI&GUY


Page Top